「SLIM COFFEE」(スリムコーヒー)

APIS SLIM COFFEE.jpg

「SLIM COFFEE」(スリムコーヒー)とは、

当グループの薬剤師と管理栄養士の商品開発チームが監修し、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)を主成分としたダイエットコーヒーを考案し、本格的な生コーヒー豆エキスを使用し美味しさにも追及した機能性コーヒーです。

お客様の悩み・ご要望に耳を傾け、健康的でキレイなスタイルを目指せるよう原材料にこだわり、開発したスリムコーヒーです。

 

※ダイエットする人の健康サポートすることです。

コーヒーの味に対するこだわりがあり、微粉砕したコーヒー豆と抽出液を混ぜ合わせた新製法挽き豆包み製法によるソリュブルコーヒーを使用。抽出液で大切に包み込むことで、豆の酸化の原因となる空気との接触を抑えます。
また、難消化性デキストリン(1010mg)を主成分とし、本格的な抽出したコーヒー及び生コーヒー豆エキスを配合した健康ドリンクです。

Making Coffee

バランスよく摂りましょう「食物繊維」

食物繊維の1日の摂取目標量は「日本人の食事摂取基準(2020年版)」において、成人(18歳以上)の男性で21g、女性で18gと設定されています。しかし、現在の成人(18 歳以上)における食物繊維摂取平均量は、13.7 g/日といわれており、4~8g/日も不足してしまっているのです。

また、「水溶性と不溶性、2種類ある食物繊維は働きが違うので、両方バランスよく摂ることが大事です!

wp24654_vege01_edited.jpg

「水溶性食物繊維」とは

水溶性食物繊維は、善玉菌を育てます。 海藻や果物など、主に粘り気のある食材に多く含まれる水に溶ける食物繊維。水溶性食物繊維を多く含む食品については、昆布、わかめ、こんにゃく、果物、里いも、大麦、オーツ麦などに含まれています。食事以外に難消化性デキストリンなどの水溶性食物繊維のサプリメントをプラスするのもオススメです。

slimcoffee_s_POP.png

キレイな体を目指すことできる

嬉しい成分配合されている‼

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)

生コーヒー豆(クロロゲン酸)

ガルシニア

乳酸菌(殺菌、EC-12)

​・メリロート

​・ビタミンB群

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

​糖質カット

一杯カロリー
約9kcal

無理せずに、置き換えだけ!

糖質カットして、1杯あたり約9kcalです。スティックタイプで、外出など携帯便利です。また、食事と一緒においしくいただけます。もちろん食事の置き換えにも可能です。

IMG_6542_edited.jpg

難消化
デキストリン
含有量​1010mg

管理栄養士からのアドバイス

★ブラックコーヒーが苦手なひとにおすすめの飲み方
・ダイエットの観点からすると牛乳やクリーム、砂糖はNG
、無脂肪牛乳を入れる。
・無塩発酵バターなど、ダイエット効果が期待できるバターを小さじ1杯入れる。
・中鎖脂肪酸オイルなど、ココナッツオイルを小さじ1杯入れる

★注意点
・基本は、食後にブラックコーヒーを飲む
・ブラックが苦手な方は無脂肪牛乳やココナッツオイルを入れると飲みやすくなる
・脂肪燃焼効果を狙うなら「有酸素運動」ウォーキングやジョギングなどの前に、

 ブラックコーヒーを飲むのと運動前、入浴前にもオススメ。
・コーヒーは飲み過ぎると胃が荒れてしまうので注意。
 カフェインに敏感な方も摂り過ぎないように気をつけよう。

※栄養相談について、各地域お近くの薬局まで管理栄養士にお問い合わせください

Serving%20Coffee_edited_edited.jpg

【原材料・成分】

コーヒー、難消化性デキストリン、生コーヒー豆エキス、ガルシニアエキス、乳酸菌粉末(乳酸菌(殺菌))、デキストリン、メリロートエキス、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12

 

【お召し上がり方】

1日1包(2.5g)を130㎖~200㎖(お好み量)のお湯などに溶かし、よくかき混ぜてお召し上がりください。

【使用上のご注意】

・食物アレルギーのある方は、原材料をよくご確認ください。
・体調、体質に合わない場合は、ご利用を中止してください。
・妊娠、授乳中の方、疾病などで治療中の方は、召し上がる前に医師にご相談ください。
・小さなお子様の、手の届かない所に保管してください。
・開封後は、なるべくお早目にお召し上がりください。
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

「キュラティブ・ キッチン(CURATIVE KITCHEN)」について

  • Instagram otoha_official.jp
CK_1.jpg